menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ロシア株価サイト
  2. 金融株の大幅下落が意味するもの
  3. 麻生副総理「為替市場の動向注視 必要な時はしっかり対応」-NHK-6/…
  4. 日本市場ニュース 6/22-16:00
  5. 原油ニュース 6/22-14:00
閉じる

市場ニュース速報

金融株の大幅下落が意味するもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
為替市場の動向注視 必要な時はしっかり対応
2016年6月24日13:29

 
今回の市場混乱のなかで、注目される現象の1つが金融株の大幅下落です。

フランス、イタリアの銀行株が大幅な下落を見せたほか、英国やドイツ、スイスの大手銀行から米国の銀行証券、そして日本でも大手金融機関の株価が大きく下げています。これは一体何を物語っているのでしょうか。

これには長短少なくとも2つの問題が考えられます。

1つは、1998年のロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)やタイガー・ファンドの破たんと共通する問題です。つまり、ノーベル経済学賞をとるような専門家を抱えるファンドが、ロシアにおいて市場経済では想定できない強権的制度変更により、巨額の損失を被りました。損失はこれに投資した金融機関にも波及します。

今回、事前には英国がEUに残留するとの「読み」が広がり、ポンド高、株高が進みました。そこへ「想定外」のブレグジットとなったために、ポンドは急落し、南欧諸国の株価や日本の株価は1日で8%前後の急落を見せました。

問題はこの「価格急落」が、デリバティブス市場で大きな「ショック」をもたらした可能性があることです。
NHK元記事をすべて読む

関連記事

  1. ロシア株価サイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る